ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

PayPay(ペイペイ)モールとヤフーショッピングの違いは何?PayPayフリマも併せて解説

ペイペイモール yahooショッピングの違い

こんにちは、カボス( @olivetrhm)です。

 先週開催されたYahooの決算動画を見てたら、PayPayの今後のサービス展開について、説明されておりました。

その説明中、話題になった【PayPayモール】,【PayPayフリマ】というサービスについて、現時点で判明している情報を解説していきます。

ペイペイモール x Yahooショッピングの違いは何?

こちらがPayPayモールという新サービスです。

Yahooには言うまでもなく、YahooショッピングというECサイトがあるので、

サービス内容に何が違うのか気になるところだと思います。

 

まだ詳細はすべて明らかになったわけではないですが、現時点で判明している情報の中で、ユーザーに大きく関係のある特徴を紹介します。

Yahooショッピングと異なる点

1、Yahooが定めた出店基準を満たした店舗のみ掲載可能

2、カテゴリーごとに最適化

3、リアル店舗との在庫連動機能を付加

 

 まず1のYahooが定めた出店基準について、

下記いずれかの条件を満たす必要があります。

(1)「ベストストアアワード」を18年以降に受賞かつヤフーが設定する各指標が高いストア

(2)「ヤフーショッピング」の年間流通総額が1億2000万円以上かつヤフーが設定する各指標が高いストア

(3)上場企業ないしは上場グループに入っている企業

(4)上場グループを含む年商100億円以上(家電のみ500億円以上)の事業者─に設定。

年商100億円以上なんて、中小企業は満たすことは非常に厳しいね。必然的に大手企業しか出店できないんじゃないかな。

そうだね。小規模の事業主にとっては面白くない話かもしれないけど、PayPayモールはユーザーにとってはいいサービスだと思うよ。

例えば家電で言えば、【売上の多いお店のみ出店=価格競争力があるお店のみ出店】ってなるから、安い家電を見つけやすくなるかもしれないね。

 

大手ECサイトはお店、商品が多すぎて選びづらい

2のカテゴリーごとの最適化についてですが、

Yahooショッピングなどの大手ECサイトは品揃えは豊富なんだけど、

逆に多すぎて選べないっていうことないですか?

 

個人的にそれを強く感じるのが【服】です。

世代別にカテゴリ分けもできないですし、商品が多すぎて何がいいのかよくわからない。

 

あとスゴイ失礼な言い方ですが、Yahooショッピング、楽天の服はなんか【ダサい】っていう先入観が正直あります。

 

なので、あまり服をECサイトで買わないんですよね。

 

私のように【数が多すぎてなんだか良くわからない!】って思う人は少なくないと思います。

 

そんな声を取り上げて、改善していくのが今回の取り組みなのではないでしょうか。

上記画像はPayPayモールの商品ページのイメージ図です。

【女性、トップス】と検索すると左の写真のように表示されます。

 

完成した状態ではないと思いますが、確かに見やすく表示されていますね。

これからどんな機能が付与されるのか楽しみです。

 

またPayPayユーザーがPayPayをリアル店舗で利用することによって、どのお店でどんな商品、価格帯、頻度といった購買データが蓄積されます。

 

そのユーザーがPayPayモールを使うことによって、そのユーザーにあったおすすめ商品を紹介してくれる、

そんな機能があったら個人的にはうれしいので、その点をYahooには期待したいと思います。

 

PayPayモールで購入した商品をリアル店舗で受け取ることが可能

3のリアル店舗の在庫情報と連動させることによって、PayPayモールで購入した商品をお店で受け取りができるようになるようです。

 

テレビとか家電でこういったサービスがあると便利ですよね。

 

家電は送料が結構かかるので、ちょっとでも安く購入したいと思ったら自分で取りに行く。

そんな選択肢があるのは使い勝手は良さそうです。

 

あわせてPayPayフリマリリース予定なので、それについては後ほど追記します。