ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

PayPay(ペイペイ),スマホ乗り換え(ドコモ,au)株式投資などの情報を発信します。

MENU

腱鞘炎(手首)の原因はマウスだった!効果的な治し方を教えます!

こんにちは、長期投資家のカボス( @olivetrhm)です。

普段、投資、スマホのことばかり、記事にしておりますが、

今回はどうしても書きたいことを書かせて頂きます。

 

私はデスクワークがメインのため、仕事中、ずっとパソコンを使っております。

そして、去年からブログに、はまり出し、自宅に帰っても、ずっとパソコンをつかっています。

 

その結果、深刻に悩んでいることがありました。

 

それは右手首の腱鞘炎です。

四六時中、手を酷使しすぎていたためか、

ここ最近、頻繁に手首に痛みを感じるようになってしまいました。

 

f:id:spicarisa:20190410235137p:plain

ブログをずっと続けていきたいと思っていた矢先に、

まさかの身体的な理由で断念せざる終えないのかと思ったときは、

かなり落ち込みました。

 

ただ、ある気づきを得て、

効果的な改善方法を見つけたので、それをみなさんにご紹介します。

腱鞘炎になりやすい手

腱鞘炎 手首 痛み

ちょっと見にくいかもしれませんが、私は一度、腱鞘炎を治すために、

手術しています。

手術前よりかは、痛む頻度は改善されましたが、それでも、

ひと月に一定期間、ズキズキと痛みます。

腱鞘炎って本当に痛いよね。パソコン触るのは勿論のこと、ちょっと手首を動かすだけで痛むから、何もしたくなくなる。

子供から抱っこをせがまれても、抱っこができないのは本当に悲しいです。

腱鞘炎予防のためにしたこと

色々と試していたのですが、全く効果がありません。

試したこと

①手首のマッサージ

②ファイテンのシール、オイル

③正しい姿勢でのパソコン操作

②については、なんとなく痛みが緩和されたような錯覚をあるのですが、

効果があるのか良く分からないのが正直な感想です。

腱鞘炎の原因についてちゃんと考えてみた

私は今まで、なぜ、腱鞘炎が起きるのかきちんと理解しておりませんでした。

ただ、パソコンを長時間使うと手首に疲労が蓄積しているからだろう、

だから、痛くなったら、休ませて回復するのを待とうって思っておりました。

 

私の場合の原因はこれだったんです。

腱鞘炎 原因 手首をひねる

こちらは大塚商会さんのホームページから画像を引用させて頂きました。

 

常にマウスを右で持ち、ひねった状態であったため、

腱に負担をかけている!ということが分かったんです。

腱鞘炎の原因

パソコン使うから⇒ X 原因が不明確、対策が取れない

マウスを使い、手首をひねっていた⇒ マウスを変える

 

 

 

 

手首を自然な状態のまま、操作ができるので、こういったマウスを買うのも効果はありそうですが、私の効果的な治し方は他の方法です。

腱鞘炎の効果的な治し方!

それは右手でマウスを使わないことです。

 

マウスは右で使うものだと先入観をもっていたので、

今まで全く気が付きませんでした。

 

 

 

 

あまり種類はないのですが、あるんです! 左利き用が!

すでに購入して、二週間くらい使っているのですが、

最初は慣れが必要です。違和感は少なからずあります。

 

ただ、数日も使ってると、意外とスムーズに使えるようになりました。

 

そして、手首の痛みが劇的に改善されております!!

 

今まで、メールを読むときも、ずっとマウスを触っていたので、

右手の腱に負担をかけ続けていましたが、

手首を自然な状態にし、休ませることができます。

 

これからも使い続けていきたいと思います。