ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

ドコモ 新料金プラン【ギガホ/ギガライト】はdカードゴールドのメリットは?ずっとドコモ割プラスはどうなる?

ドコモ新料金プラン  dカードゴールドの還元額は

こんにちは、元ケータイ販売員のゆず( @olivetrhm)です。

今回の記事はドコモ新料金プラン ギガホ/ギガライトにした場合、d カードGOLDから得ることができるポイント額についてです。

私の場合は新料金プランにした場合, 毎月のイント獲得額は確実に減ってしまいます。 その理由について徹底解説いたします。

従来の料金プランの場合、毎月のdポイント獲得額は?ずっとドコモ割プラスでも加算

私は今、ドコモの親回線にdカードゴールドを紐付けております。

旧料金プランの場合、親回線のデータ容量を子回線に分け合うため、

親回線の料金にパケット代が請求されます。

 

大体、毎月10GBのデータ容量を使っているため、

親回線の月額料金だけで10,000円前後になります。

その10,000円に対して10%の還元がされますので毎月1000ポイント獲得可能です。

 

更に、ずっとドコモ割プラスの特典が加算されます。

あと数ヶ月もたたないうちにdポイント獲得数は3000ポイント以上になりますので、

4thステージが適用になり、毎月960ポイント加算され、

毎月合計1960ポイント獲得できます。

 

ずっとドコモ割の詳細については下記記事で解説しています。

www.olivetrhm.com

ドコモ 新料金プラン ギガホ/ギガライトの場合はどうなるか?

新料金プランは親回線がデータ容量を子回線に対して、分け与えると言う形式ではなく、

それぞれの回線ごとに、パケット代を払うことになります。

 

例えば、家族で3回線を所有していて、各回線のデータ容量は下記の通りとします。

今まで10GB利用しているので、データ量は同等の水準にします。

1回線目:5GB⇒4,980円

2回線目:3GB⇒3,980円

3回線目:3GB⇒3,980円

  

※こちらはギガライトの料金体系

f:id:spicarisa:20190420122036p:plain

この場合、ドコモのdカードゴールドは1枚あたり1回線にしか紐付けることができません。

そのため、1番料金が高い1回線目にドコモのdカードを紐付けしたとしても、

5000円に対してしか10%還元がされないことになります。

 

他の回線に紐づける場合、家族カードを発行させる方法があります。

ドコモのdカードゴールドは家族カードは1枚目までは無料で発行できるため、

もし、夫(もしくは妻)用の回線があれば家族カードを1枚発行し、

2回線目に紐付ける事は可能です。

こんな感じです。

1回線目:5GB⇒4,980円(dカード紐づけ)

2回線目:3GB⇒3,980円(家族カード紐づけ)

3回線目:3GB⇒3,980円

  

ただそれでも、約9,000円分に対してしか、10%還元がされないので、

従来の料金プランと比較した場合、1,000円分のポイント(100pt)を損することになってしまいます。(私たち家族の場合)

ずっとドコモ割プラスはギガホ/ギガライトにした場合、継続不可!(改悪)

そして、今回、大きく改悪となった事があります。

それは、先程お伝えした、ずっとドコモ割プラスは、新料金プランの場合、継続することは出来ないことです。

今まで、下記表のとおり、

データ容量、ステージに応じて、

毎月ポイントを貰えてましたが、

他のサービスに移行となりますので、貰えなくなります。

f:id:spicarisa:20190420143026j:image

※一部抜粋

 

ギガホ(ギガライト)の場合、他のサービスになります。

その名も【ずっとドコモ特典

(名称が似てるのでややこしいです。)

f:id:spicarisa:20190420143515j:image

一見すると、ポイントが増えるのかと思いますが、毎年誕生月になるので、毎月貰えたポイントが年に一回に変わってしまいます。

 

ステージの昇格条件は以前と同じで、下記の通り。

f:id:spicarisa:20190420144107j:image

 

dカードゴールドの年会費よりポイントを貰えるのか?

 今までdカードゴールドを所有する目的として、年会費以上のポイントを獲得できるから、

だと思います。

 

新料金の場合、年会費1万円よりも多く貰えるのか、検証してみます。

(ちなみに旧料金プランの場合、24000ptもらえてました。)

1回線目:5GB⇒4,980円(dカード紐づけ)

2回線目:3GB⇒3,980円(家族カード紐づけ)

3回線目:3GB⇒3,980円

先ほどの例を用います。

まず、青字の回線はdカードゴールド特典の10%還元は受けれるので、

その特典だけで、約10800pt獲得可能。

そして、これにずっとドコモ特典が加わります。

4thステージは条件をクリアできない可能性があるので保守的に見積もりに、

2回線共に3rdステージを前提に算出します。

そうすると年間3000pt

 

2つの特典を合算すると13,800ptになります。

(dポイント スーパー還元プログラムによる、ポイント還元は年会費無料のdカードでも特典受けられるので、省略しています。)

 

dカードゴールドの年会費よりかはポイント獲得出来ますが、やはり、従来よりも見劣りしますね。

 

料金プランを変更しなければ、ずっとドコモ割プラスを継続することは可能

すでにドコモユーザーの方であれば、

料金プランをギガホ/ギガライトに変更しなければ、ずっとドコモ割プラスは継続されます。

 

私たち家族にとって、月額料金も高くなり、ポイント還元額も少なくなるので、新料金プランに変更するメリットはないです。