ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

【dカード】50%還元キャンペーン 当選確率を考えてみた

こんにちは、カボス( @olivetrhm)です。

ドコモがキャンペーンを矢継ぎ早に打って出ております。

d払いの20%還元に続き、dカードもキャンペーンが始まりました。

それがこちらです。

ドコモ dカード 50%還元

毎月500名の抽選ではありますが、 決済額の50%還元されるというもの。

応募方法としては、下記の通り。

5万円につき1口として取扱い、5万円ごとに当選確率がアップ

※dカード GOLDでお支払いの場合、5万円につき応募口数が3口

※リボ払いでお支払いの場合、5万円につき応募口数が2口

 この大幅な還元率につられて、dカードGOLDを持っている方は、7月はdカードをメインに決済しようかなって思ってしまいますよね?

 

私もそのうちの一人でした。

ただ、当選者数500名ってどのくらいの確率なのかちょっと考えてみたところ、

当選確率は相当低いことが分かりました。

 

結論から言うと0.02%程度だと思います。

 

その理由について説明したいと思います。

dカードの発行枚数は?

こちらは今年の4月にドコモから発表されたdカード(GOLDカード含む)の契約数です。

ほぼ2,000万なんだ!?ものすごい契約者数なんだね。

さすがドコモだよね。日本で6人に1人はdカードを持っているという計算になるね。

 

dカードに限りませんが、クレジットカードを持っている人が毎月どのくらい決済しているのか平均を確認してみましょう。

クレジットカード平均決済額について

※IT mediaから引用

 

こちらのグラフの通り、毎月5万円以上、決済している人は全体の53.4%です。

ってことは、dカードの契約者数は2,000万人いるから、その内の約半分の1,000万人は応募対象者ってこと!?1,000万人のうち500名って絶対当たらないじゃん!?

まだ結論づけるの早いよ。毎月5万円といっても一枚当たりの決済額ではない。日本人の場合、平均すると一人当たり3枚はクレカを所有していると言われている。だから決済額も分散される。そうなると毎月いつも10万以上決済してる人じゃないと5万円一口の応募が出来ないんじゃないかな。しかもこのキャンペーンは携帯料金は対象外。そうすると12%の人が対象だと推測。

dカード50%キャンペーンの当選確率は??

少々、乱暴な計算ですが、今回確率を算出した根拠は下記のとおりです。

Point

①dカードの発行枚数:2,000万人

②クレカの月間平均決済額が10万円超える:12.0%

①~③を考慮した想定応募人数:2,000万人 x 12.0%= 240万人

当選確率:500人 ÷ 240万人 = 0.02%

※10万円決済した場合、2口での応募になるが、口数が増えるのは加味しない。あくまでざっくりと確率を割り出しました。

 

めちゃくちゃ確率低いね....あわよくば50%還元されるかもしれないから、たくさん買い物しちゃおうって思っていたけど、無駄に出費が多くなるだけだね。

そうだね。念のため補足すると、dカードゴールドの場合、1口⇒3口になるから、当選確率は3倍になる。ただそれでも0.06%だから2,000回に1回当たるという確率。

 

 50%還元につられて、気持ちが大きくなって、無駄に出費を増やさないようにしましょう。

 

と自分のことは棚に上げてますが。