ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

5パーセント還元店の見分け方は赤いポスター!オススメのクレカは?三井住友カードなら二十五パーセント還元

f:id:spicarisa:20190708214923p:plain

こんにちは、カボス( @olivetrhm)です。

今年の10月から 消費税8%から10%になります。

 

あと少しすれば多くのお店でこんなポスターが張られる予定です。

政府のキャッシュレス決済比率を高める施策で、

対象のお店でキャッシュレス決済をするだけで最大5%還元されるんです。

 

今回の増税幅は+2%なので、このキャンペーンを活用することによって、+5%還元されるってことは実質3%減税になります。

 

断言します。

 

今まで現金払いしかしていない人はします。

 

今回の記事キャッシュレス決済とはそもそも何なのか

そして5%対象のお店の見分け方、店舗別の還元率について、解説します。

 

キャッシュレス決済とは何なのか?

今回、還元を受けることができるキャッシュレス決済とは何を指すのか、

ご説明します。

キャッシュレス決済とは?

①クレジットカード(VISA,JCB,Master Card)

②電子マネー(Suica,nanaco,Edy)

③QRコード決済(PayPay,LINE PAY)

④デビットカード

※上記は一例

結構いろんな決済方法があるんだね!

 PayPayとか決済事業者からの還元とは別に政府から2〜5%還元されるってことだよね!?

うん。店舗によっては最大5%還元されるから+2%の増税になったとしても、キャッシュレス決済するだけで差し引き+3%還元される。

減税メリットを受けることができるんだ!このチャンスを逃したらもったいないね!

五パーセント還元受けられるのは赤いポスターがあるかどうか

一つ注意点があります。

すべてのお店で5%還元を受けることはできません。

 

消費税・軽減税率情報Cafeが非常にわかりやすい表を載せていたので、引用させていただきました。

キャッシュレス決済 5% 還元

※引用元:消費税ポイント還元制度の最新情報まとめ | 消費税・軽減税率情報Cafe

 

上記表の通り、5%還元を受けることができるのは中小企業、個人が経営する小売、飲食店、宿泊施設等です。

 

仮に近くに夫婦で営んでいる飲食店、スーパーなどがあって、そのお店でキャッシュレス決済すれば5%還元されます。

 

更にスーパーで軽減税率が適用される食料品(肉、野菜など)を購入した場合、実質の税率は3%になる可能性もあります。

軽減税率 増税 キャッシュレス

緑で色付けされた商品が軽減税率対象なんだね♪

実質税金が3%になるケース

1,000円(お肉)x 8%(軽減税率適用) = 80円

1,000円(お肉)x 5%(キャッシュレス決済による還元) = 50円

80円 - 50円 = 30円(負担する税金)

 

下記画像を見ればざっくりとお店ごとの還元率のイメージを持てると思います。

【対象店舗、税率の一例】

 

【対象店舗専用ポスター】

Yahooショッピング、楽天市場、Amazonも5%還元対象

さらにリアル店舗だけでなく、Yahooショッピング、楽天などの通販も5%還元対象になります。

対象店舗かどうかの見分け方は各お店のweb上に"CASHLESSマーク"があれば5%還元されます。

クレカ、QRコード(PayPayなど)で決済した場合、どのように還元される?

クレカなどで決済するだけで5%還元されますが、そのポイントがどのように付与されるのか気になるところだと思います。

 

今回の制度を図に表すとこうです。

キャッシュレス 減税 制度 ポイント還元方法

こちらの図左のポイント還元の流れの通り、役場にポイントの手続きをするのではなく、

キャッシュレス決済事業者からポイント還元、または請求時に値引きを受けることができます。

 

還元方法は各社異なり、例えばJCB、三井住友カードは請求時に2%(もしくは5%)値引きになります。

QRコード決済の代表格のPayPayはPayPayボーナスとして付与されます。

 

クレカ?PayPay?キャッシュレス決済は何を使えばいいのか

10月から最もお得なのは三井住友VISAカードです。

還元率はなんと20%です。

 

ポスターがあってクレカが使えるのならば、三井住友カードで決済してしまえば、

最大25%の還元を受けることが可能です。

 

そして、三井住友カード X d払いを組み合わせることによって、最大45%還元が可能です。

最大45%の内訳

①政府によるキャッシュバック:5%(or 2%)

②三井住友によるキャッシュバック:20%

③d払いによるキャッシュバック:20%

(d払いのキャンペーン期間は9月14日〜10月14日まで)

 

10月についてはこういった感じで優先順位をつけて利用したほうがお得だと思います。

優先順位

①d払い(支払方法は三井住友カード)

②三井住友カード

③PayPay

三井住友公式ホームページはコチラ

d払い&三井住友カードの決済方法についての詳細はコチラ👇

クレカが使えないところはPayPayがおすすめ!

f:id:spicarisa:20190906184049j:image

基本は三井住友カードを使ったほうがいいですが、

クレカが使えないところは当然あります。

 

個人経営のお店でありがちなのが、クレカはNGでPayPayは利用できるっていうケースです。

 

10月からはポスターが貼られた個人経営の飲食店、小売店でPayPayを利用した場合、10パーセント還元です。

(フランチャイズチェーンの場合、還元率は3.5%)

もう少し尖ったキャンペーンを打ち出してくる思った

10月以降のPayPayキャンペーン還元率はそこまで高くないね。でもPayPayはサブとして使えるようにしておいて現金決済は極力避けたほうがいいかな

今なら銀行口座を登録(無料)するだけで1,000円もらえます

PayPayのインストールはこちらから👇