ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

【消費税増税後】キャッシュレス決済で5パーセント還元!

f:id:spicarisa:20190708214923p:plain

こんにちは、カボス( @olivetrhm)です。

今年の10月から 消費税8%から10%になります。

 

あと3か月もすれば多くのお店でこんなポスターが張られてると思います。

政府のキャッシュレス決済比率を高める施策で、

対象のお店でキャッシュレス決済をするだけで最大5%還元されるんです。

 

今回の増税幅は+2%なので、このキャンペーンを活用することによって、+5%還元されるってことは実質減税になっちゃうんです。

 

断言します。

 

今まで現金払いしかしていない人はこのままでは【損】します。

 

今回の記事はキャッシュレス決済とはそもそも何なのか

そしてお店の種類によって還元率が異なりますので、店舗別の還元率について、解説します。

 

キャッシュレス決済とは何なのか?

今回、還元を受けることができるキャッシュレス決済とは何を指すのか、

ご説明します。

キャッシュレス決済とは?

①クレジットカード(VISA,JCB,Master Card)

②電子マネー(Suica,nanaco,Edy)

③QRコード決済(PayPay,LINE PAY)

④デビットカード

※上記は一例

結構いろんな決済方法があるんだね!

もともとの決済事業者からの還元とは別に政府から最大5%還元されるってことだよね!?

うん。店舗によっては最大5%還元されるから+2%の増税分になったとしても、キャッシュレス決済するだけで差し引き+3%還元される。

減税メリットを受けることができるんだ!このチャンスを逃したら損だよね!

キャッシュレス決済で5%還元受けることができるのはどんなお店?

一つ注意点があります。

すべてのお店で5%還元を受けることはできません。

 

消費税・軽減税率情報Cafeが非常にわかりやすい表を載せていたので、引用させていただきました。

キャッシュレス決済 5% 還元

※引用元:消費税ポイント還元制度の最新情報まとめ | 消費税・軽減税率情報Cafe

 

上記表の通り、5%還元を受けることができるのは中小企業の小売、飲食店、宿泊施設です。

 

もし、近くに夫婦で営んでいるスーパー、ドラッグストアなどがあって、

軽減税率が適用される食料品を購入した場合、実質の税率は3%になります。

軽減税率 増税 キャッシュレス

実質税金が3%になるケース

1,000円(お肉)x 8%(軽減税率適用) = 80円

1,000円(お肉)x 5%(キャッシュレス決済による還元) = 50円

80円 - 50円 = 30円(実質負担する税金)

※5%還元は税込み価格から還元される可能性あり

 

ちなみにですが、覚えなくていいですが中小企業の定義はこんな感じです。 

Point

小売業:資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人事業主

 

サービス業:資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人事業主

ちょっと難しくてよくわかんないね

その店が従業員何人いるかなんてわかんないから、ポスターがあれば対象店舗って判断していいかもね。

 

【対象店舗専用ポスター】

クレカ、QRコード(PayPayなど)で決済した場合、どのように還元される?

10月1日から私たち消費者はクレカなどで決済するだけで5%還元されますが、

そのポイントがどのように付与されるのか気になるところだと思います。

 

今回の制度を図に表すとこんな感じです。

※引用元:消費税ポイント還元制度の最新情報まとめ | 消費税・軽減税率情報Cafe

 

こちらの図の通り、役場にポイントの手続きをするのではなく、

キャッシュレス決済事業者からポイント還元を受けることができます。

 

私はPayPayを使っていこうと思っているので、 私の場合はPayPay社からポイント還元を受けることになります。

 

恐らくこの辺は自分が使う事業者によって、還元方法は様々だと思うので、

9月ごろにもう一度確認しようと思います。

 

PayPay?楽天Pay?キャッシュレス決済は何を使えばいいのか

 前述の通り、今回の政策は家族経営など規模の小さいお店で決済することによって、

5%還元を受けることができます。

個人経営のお店だと現金のみってところばっかじゃないの??結局、店舗側がキャッシュレス決済できるようにしてくれなくちゃ意味ないよね。

確かに今まではそうだったね。お店が現金のみにしていた最大の理由は決済額に対して、3%~5%の手数料が発生していたから。だから今でもクレカが使えないお店ってかなりある。

そんな状況を打開してくれるかもしれないのはPayPay、LINE Payだと思うんだ。

なんでなんで?

理由は簡単。PayPay、LINE Payの場合、お店側にかかる手数料は無料!そして導入費用も無料!スマホとバーコードがあれば準備OKだからすぐ導入できる!

すごいね!クレカは手数料かかるから嫌だけどPayPayは無料だから導入するっていうお店は沢山ありそうだね!

PayPayは今、月替わりで20%還元キャンペーンを開催しております。

 

私の予想では10月の政策にあわせて、PayPayは【中小規模の店舗で買い物したら、

20%】みたいなキャンペーンを打ち出してくると予想します。

 

そうしたら、二つ合わせて25%還元!

なんてことになるんじゃないでしょうか。

 

お店側は現金のみにこだわり過ぎていると、お客離れに繋がります。

 

これから宿泊事業を始める私にとって、キャッシュレス化は重要な集客方法のツールであると強く感じました。