ズボラ主婦の節約×投資ブログ(PayPay,LINE Payを攻略)

PayPay(ペイペイ)LINE Pay,スマホ乗り換え(ドコモ,au,Yモバイル)を活用し生活費を節約!余ったお金で株式投資♪

MENU

ドコモ光 どこで申し込む?ネット代理店を徹底比較【2019年】

こんにちは、元ケータイ販売員のゆず( @olivetrhm)です。

最近、私たち夫婦はケータイをauからドコモに乗り換えしたので、

自宅の固定回線もドコモ光にしようと思い、

どこで申し込むのが、一番キャッシュバックが多くてお得か調べたので、皆さんにご紹介したいと思います。

ドコモ光 代理店 どこで契約するのがお得か

ドコモ光代理店に申し込む時の注意点!

まず最初に注意点を先にお伝えします。

ドコモ光を取り扱っている販売代理店のキャッシュバックキャンペーンの内容を確認すると、よくこんな文言を目にします。

最大15,000円キャッシュバック!!

この最大という文言があると、色々なオプション加入をしないと、

15,000円もらえないので注意が必要です。

たとえばこんな感じ。

ドコモ光 代理店 どこで申し込む

他店金額対抗キャッシュバックなんて謳っていながら、

【ひかりTV】を契約しないと15,000円もらえません。

ネット回線だけだと、5,000円だけです。

かなり少ない!!しかもひかりTVはこんな感じで結構、月額料金がかかってしまうじゃん!

そうだね。勿論、元々、ひかりTVを利用しようと思っている人にとってはいいのかもしれないけど、キャッシュバック欲しさにひかりTVを選択してしてしまうのはあまりにももったいない。他の代理店はひかりTVなどのオプション加入不要なところはあるよ。

ドコモ光 どこで申し込む お得

販売代理店のキャッシュバックキャンペーンを10社くらい見ましたが、

どんなに多くてもドコモ光のキャッシュバックキャンペーンは15,000円のようですね。

ならば、下記ポイントを抑えて、販売代理店を選ぶべきです。

Point

①オプション加入不要(ネット回線のみ)で15,000円キャッシュバック

②開通後、早め(数ヶ月~半年以内)に入金手続きされる

②についてですが、販売代理店によっては、開通後、一年後にならないと、

キャッシュバックしてくれない代理店は結構あります。

 

しかも、一年後に指定の期間中にキャッシュバックの申請手続きしないと、

もらえる資格が喪失してしまうといった悪条件つきです。

一年後なんて多くの人がキャッシュバックされることを忘れてしまうよね。まさしく販売代理店の狙いはそこにあって、期間を長めに設けて、申請件数を極力、減らそうとする意図が見える。

なので、上記二点を考慮して、販売代理店をランキング形式でご紹介したいと思います。

ドコモ光 どこで申し込むのがお得か?おすすめの代理店ランキング

f:id:spicarisa:20190609091935p:plain

こちらの代理店は文句なしです!

まずキャッシュバックはオプション加入不要で15,000円のキャッシュバック!

そして、キャッシュバック振込み時期はドコモ光ご利用開始月の翌々月!

なので、二か月から三か月後に振込みしてくれます。

しかも光TVなどを申し込みした場合、さらにキャッシュバック額増加します。

 

更に開通工事前までwifiルーターを無料で貸し出しというおまけつき。

(ドコモが提供するdポイント10,000円はどの代理店で申し込みしても、同じなので、詳細は省略します。)

お申し込みはこちら↓↓

 

新規申し込みであれば、15,000円なので、金額自体は一位と遜色ないです。

f:id:spicarisa:20190331195146p:plain

ただし、キャッシュバック時期が開通から一年後という、

期間が長すぎるため、ランキングを落としました。

 

 

ドコモ光を利用することにより、月額料金を安くできる

ここからはドコモ光の料金プランについてご説明いたします。

まずはこちらがドコモ光の月額料金です。

料金プラン(税抜き)

戸建てタイプA:5,200円

マンションタイプ:4,000円

※2年定期契約の場合

そして、ドコモケータイを組み合わせることによって、下記表の通り、ドコモ光セット割りが適用されます。

f:id:spicarisa:20190130231417p:plain

このドコモ光の資料によると、

仮にベーシックシェアパックで15GBまで利用しているならば、

たったの800円の追加することによって、ウルトラシェアパック30にしてしまった方が、お得ですよ!

という風に作りこまれた資料です。

自宅に固定回線引いたら、wifi使えるから30GBも要らないと思うんだ。いくら割引額が大きいとはいえ、スマホのパケットパックとドコモ光を合算したら、16,200円(戸建てA + ウルトラシェアパック30GB)になってしまう。

結構、高いですよね。そもそもスマホで一番データ通信量が多いのは自宅にいるときだと思います。せっかく、ドコモ光で無制限にwifi使えるのに、スマホのパケット代を抑えないのはあまりにももったいない。

なので、私はベーシックシェアパックを利用することをオススメします。

そして、【データ量制限オプション】を利用し、子回線のデータ上限を1GB~3GBに設定します。

そうすることによって、上手くいけば、スマホのパケット利用料は5GBもしくは10GBに収まる可能性は十分にあります。

そうすると、このくらい安くできます。

合計費用

①ウルトラシェアパック30GB+ドコモ光    = 16,200円

②ベーシックシェアパック10GB+ドコモ光 = 13,000円

③ベーシックシェアパック  5GB+ドコモ光 = 10,900円

ドコモ光を利用する前は、スマホのパケット通信を15GBまで使っていた場合、

パケット料金だけで12,000円かかってしまいます。

仮に③の通り、5GBに抑えることができたら、ドコモ光を利用したほうが安くなります。

ドコモ光をドコモゴールドカードで支払えば、10%還元

f:id:spicarisa:20190130234824p:plain

ドコモ光の利用料をドコモ ゴールドカードで支払えば、10%ポイント還元されます。

なので、実質10%割引が適用されるということです。

スマホ、固定回線もドコモの場合、間違いなく作っておくべきカードです。

 

スマホを他社に乗り換えたり、さらに固定回線、クレジットカードも新規で申し込んだりするのは結構な手間です。

ただ、それ以上のメリットは十分にあると思うので、

手間を惜しまず、手続きをすれば、それに見合ったサービスを受けられるので、

面倒ですが、利用するキャリアを統一することは間違いなくお得ですよ。