ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

ズボラ長期投資夫婦のゆず&カボスです♪夫婦でブログ書いてます。株式投資など、お金に関わるお得な情報を発信します!2019年中には宿泊業をスタートさせる予定です。

MENU

【株初心者】株の勉強におすすめ本【99%勝てる株が見つかる本】

こんにちは、長期投資家のカボス( @olivetrhm)です。

最近、また株の勉強用の本を購入したので、ご紹介します。

 

シンプルに言うと、これから株を購入して、年単位で株を保有して、

配当収入を得たい!という方にとってお勧めの本だと思います。

f:id:spicarisa:20190127043823p:plain

株初心者が勉強するのにうってつけの投資本

 

 

 

 

今回紹介するのはこちらの本です。

発売日は2019年1月21日なので、最近売り出された本です。

著書は山本潤氏とはどのような人物

和光証券経て、1997年、日本株運用チームの一員とし米系投資顧問クレイフィンレイインク(運用資産8,000億円)に入社。

 1997年-2003年には上位1%の運用成績を達成。

2004年-2017年まで日本株ロング・ショート戦略ファンドマネージャーとしてを務めた。

現在は株式会社ダイヤモンドフィナンシャルリサーチにて定額運用サービスを提供。

2017年まぐまぐ大勝(資産運用の部)で1位となった老舗メルマガ【奥の近道】に執筆中

 こちらの書籍は元ファンドマネージャーだった山本潤氏がどのような投資手法で、

銘柄選びをしているのか、具体的な方法が載っております。

そして、その投資手法はほぼ確実といっていい99%の確率で【勝てる株】を見つけることができると公言しております。

書籍の構成

この書籍の構成として、前半は山本氏の投資戦略、

後半はプロ経営者として、ハードオフコーポレーションの代表取締役社長、

リソー教育の副社長を務め、経営の危機に瀕した会社を立て直した皆木和義氏が、

成長する企業の【優れた経営者、経営戦略、ビジネスモデル】の見極め方について、

執筆しております。

 

世に出回っている投資の本は、チャート分析など個人的にまったく興味がないことが書かれてしまっているものが多い中で、

経営についても学べる投資の本というのは非常に珍しいと思います。

 

皆木氏としては、企業が収益を生み出すために必要な3つの要素、

【経営者】【経営戦略】【ビジネスモデル】

を理解してから投資すべし!

という理屈から、これら内容も網羅されております。

印象に残った言葉①

投資経験がある方ならば、よくご存知だと思いますが、

株価とは本当に予測不可能です。

よく巷ではチャート分析をすることによって、

【誰でも簡単に稼げる】なんて見聞きしますが、

一般人はあんなもの信じないほうがいいです。

 

そこで本書ではこんなことが書いてありました。

f:id:spicarisa:20190127201744p:plain

山本氏が提唱する投資手法はこの言葉がすべてを物語っていると、

感じました。

 

株価は短期的にどう動くなんて、予測不可能。

投資家が強気なのか、弱気なのかという【感情】によって、大きく動いてしまい、

予測するだけ無駄です。

 

一方、配当金は基本的には年単位で変動します。

そして、何十年も配当額が増額基調の銘柄は確かに存在します

 

誰かが推奨する投資手法で株を買ったら、すぐに儲かるなんていう、

魔法のようなことは絶対なく、 下記の重要ポイントについて、丹念に分析をし、

末永く、その銘柄と付き合っていくことが大切です。

Point

①配当額が年々、増加する成長株かどうか

②現在の株価が割安かどうか

 

その分析方法を非常に簡単な計算式で説明してくれるのが本書になります。

少しだけ、その分析方法について、触れていきましょう。

印象に残った言葉②

f:id:spicarisa:20190128235633p:plain

【営業費用売上比率】なんていう言葉は始めて聞きました。

読んで字のごとく、費用一円当たりの売上を表します。

 

山本氏によると、成長株を見極めるためには、三つの要素を兼ね備える必要があるとのこと。

成長株の三大要素

①企業が提供する商品が儲かること

②その商品の価格が安定していること

③これから販売数量が増加する見通しであること

【営業費用売上比率】がある一定の水準をクリアすれば、

①、②の条件は達成していると判断可能になります。

 

その一定の水準はどの程度なのかというのは、ブログで公開してしまったら、

問題になりそうなので、控えておきます。

 

この【営業費用売上比率】に着目しているファンドマネージャーは山本氏が知る限り、

一人もいなかったといっており、

そんな中、山本氏が常に他のフォンドマネージャーを圧倒し、トップクラスの成績を維持できたのは、この指標を最重要視していたからなのも知れません。

 

 

本書で紹介する有望銘柄を見極めるためのシンプル計算方法は、

【営業費用売上比率】を計算することから始まり、そこから、いくつかの計算によって、理論株価が算出されます。

 

そして、単に公式を公開するだけでなく、

山本氏が注目する銘柄紹介とその銘柄にその計算式に当てはめて、

解説してくれるので、かなりわかり易く、実践的な投資手法を学べます。

 

これからどのような銘柄を購入すればいいのか、迷われている方は、この本書の計算式に当てはめることによって、投資に値すべきか、ふるいにかけることできるため、

株初心者が勉強するのにオススメの本だと、思います。

まとめ

最近、投資について、様々な書籍を読み漁りながら、感じることがあります。

 

それは、人は違えど、成功している投資家には共通項がある。

ということ。

その共通項が少し浮かび上がってきたので、それを実行していき、

実績を積み上げ、自分の投資手法を確立していきたいと思います。

 

本を読んで、インプットだけでなく、しっかりと行動に移す、アウトプットが重要だなと日々感じる今日この頃です。