ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

ズボラ長期投資夫婦のゆず&カボスです♪夫婦でブログ書いてます。株式投資など、お金に関わるお得な情報を発信します!2019年中には宿泊業をスタートさせる予定です。

MENU

地方に移住!民泊(みんぱく)、カフェ、バーもやってみる!その③【融資、事業計画編】

こんにちは、長期投資家のカボス( @olivetrhm)です。

前回、自宅用の住宅ローンを地銀(足利銀行)で検討しているとお伝えさせていただきましたが、それよりも条件がかなり金利の低い住宅ローンを発見しました!!

 

さきほど、融資相談に行ってきたばかりですが、皆さんにご紹介したいと思います。

 

その銀行名は!?

筑波銀行です。

f:id:spicarisa:20181215153231p:plain

筑波なので、茨城県が拠点の地銀ですが、営業エリアは茨城県だけでなく、

下記の通り、関東圏を中心に展開しています。

f:id:spicarisa:20181215133931p:plain

 

私たちが家を建てようとしている地域は益子町なので、ネット上の情報だけを見ると、対象外なのか!?と勘違いしてしまいそうですが、確認したところ、

益子町でも融資可能と回答を頂きました。

 

拠点も茨城だけでなく、東京、栃木、千葉にもあります。

 

気になる住宅ローン金利は!?

一番気になる金利についてですが、

その前におさらいのため、足利銀行の金利をご紹介します。

 

足利銀行

①10年固定:0.95%

②20年固定:1.4%

③35年固定:1.5%

 

対する、筑波銀行はというと。

筑波銀行

①10年固定:0.85%

②つくば11:当初11年間0.9% 12年目から最終回まで 2.1%

③アトラク:当初11年間1.6% 12年目から最終回まで 1.1%

 

 つくば11:段階金利型といわれる固定金利タイプで、

当初11年間は金利負担が軽減され、12年目から金利が高くなる。

アトラク:つくば11とは逆段階金利型で、当初11年目は金利が高く、12年目から低くなる。

つくば11もアトラクもどちらも変動金利ではないので、金利上昇リスクは避けられる。子育て世代としては、子供が中学校以降、学費が重くのしかかるため、アトラクの方が月々の家計負担は緩和できるかもしれませんね。それぞれのライフスタイルに合わせて、選択できるので、魅力的な金融商品だと思います。

 

筑波銀行担当者いわく、

つくば11とアトラクを比較した場合、借入年数が30年未満の場合、つくば11のほうが、総支払額が少なく30年以上借り入れるならば、アトラクの方が総支払額が少なくなるよう設計しているとのこと。

 

繰り上げ返済を計画していて、金利上昇リスクを排除したい方にとっては、つくば11を選択されたほうがいいと思います。

 

今は日銀の量的緩和政策によって、過去、前例にない超低金利状態です。

米国は政策金利を上げていますし、欧州はマイナス金利を撤廃すべきという認識を示しております。

日本(日銀)はまだマイナス金利は必要という発言をしておりますが、

近い将来、マイナス金利は撤廃する可能性は高いと予測します。

 

現状の金利市場環境を考えると、今後、金利は下げることはないので、今のうちに固定金利を組んでおくのが賢明だと思います。

 

地銀特有!?団信生命保険は上乗せ金利【0%】!

f:id:spicarisa:20181215152011p:plain

足利銀行、千葉銀行もそうでしたが、団信生命保険を加入しても、金利上乗せなし

フラット35なんかは金利上乗せしないと団信生命保険はついてきませんが、地銀は0%です。

これは嬉しいですよね。

 

しかも筑波銀行は死亡保障だけなく、ガン保証もついているとのこと。

 

すでに死亡保障などの生命保険に加入されている方は、この住宅ローンで補完されるので、生命保険は解約という選択肢もあるかもしれませんね。

 

 

東日本大震災の被災者は金利優遇

筑波銀行の住宅ローンはさらに金利を下がる可能性があります。

その資料がこちらです。

f:id:spicarisa:20181215150902p:plain

 

その対象者の適用範囲は広く、

筑波銀行が指定する対象エリアに、震災当時、住民票をおいていれば適用になるとのこと。

宇都宮市は対象になるとのことですが、

詳しい対象エリアは筑波銀行にお問い合わせください。

 

まとめ

今まで、私たちはフラット35、イオン銀行、足利銀行などの住宅ローンを確認し、

足利銀行が第一候補でしたが、ここにきて、筑波銀行が 最有力候補になりました。

本日、仮審査申し込みを済ませてきましたので、来週、保障料等の他の条件が明確になり次第、最終判断をしようと思います。

 

【続き】

www.olivetrhm.com