ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

ズボラ長期投資家のゆずです♪株式投資、クレカなど、お金まつわるお得な情報を発信します!

MENU

地方に移住!失敗しないための方法

こんにちは、生活アドバイザー兼長期投資家のゆず( @olivetrhm)です。

 

以前、過去の記事で少しだけ触れさせて頂きましたが、

私たち家族は遅くとも2年後に地方に移住すると言うことを決断しました。

 

現在は失敗しない地方移住方法を模索している中ではありますが、

私たち家族が導いた方法をご紹介します。

その移住先は? 

その場所はというと栃木県益子町です。

f:id:spicarisa:20180922141348p:plain

益子焼といった陶器が有名ですね。

 

もともと私は年に二回開催される陶器市に欠かさず行くくらい、

益子焼が大好きだったというのが要因の一つです。

 

家族構成、必要な収入

私たちは家族は子供が二人います。3歳と1歳でまだまだこれからお金がかかるため、お金が無いことにより、

子供たちに不自由な思いをさせられません。

いくら必要なのか、導き出した金額は

 

世帯で年間収入550万円

 です。

 

以前、私たち家族がなぜ550万円必要なのか、

想定される支出(学費等)をまとめました。

www.olivetrhm.com

 

地方移住計画を失敗しない方法とは??

その方法はこの2つだと思います。

 

Point

①収入源の多様化

②まずは賃貸に住む

 

①について、地方なので、会社から雇われて収入を得る場合、

まず給料は下がります。

 

私の夫の例で言うと、

  1. 年齢 30代前半
  2. 物流業界
  3. 現行の年収 650万円

今はこのような状況です。

 

下記サイトに登録して、担当の人に年収の相場を聞いてみたところ、300-400万円くらいになってしまうと言われました。

マネジメント経験がないため、収入増加を見込むのは厳しいと....

 

私の主人としては、特に好きでもない物流の仕事を年収が下がってでも続けたいという気持ちにはならないと言ってました。

 

勤務地が地方になって、場所は変わる。

でも仕事内容は同じで、年収は下がる。

 

このような状況になるとなかなか、一歩踏み出すことを躊躇してしまいますよね。

 

私たち夫婦は話し合い、その問題をクリアするためには

雇われることに固執しないこと。

会社に属さずとも、稼ぐことができる技を身につける必要がある。

 という気づきを得ました。

 

どのように収入を多様化させるか?

冒頭に申し上げたとおり、遅くとも二年後と、ある程度期間を設けて、

移住を計画しております。

 

その間に何をするべきか、

私は徹底的に2つの知識、経験を積み、移住前にある程度の収入を得ようと考えております。

 

副業!

1、株(配当金)

2、ブログ

これです!これならば移住前にできますし、

移住したとしても継続できます。

 

 これらをどの程度、稼げるレベルになるのか?

目標値を設定いたしました。

 

f:id:spicarisa:20180922211344p:plain

上段が移住前に超えるべき金額として、230万円!!

 

配当金については、現時点で700万円程度、株を運用しているので、達成率 12%。

 

そしてブログですが、最近、少~しずつ、稼げるようになってきました。

まだまだ道のりは長いですが、意外と記事を書くのが好きということに気づき、

好きこそ最大の強みとなると信じて、突っ走るのみです!

 

このように一つの事業で100万円稼げるスキルを2以上身につければ、

簡単に世帯収入として550万円は超えられると思います。

 

目標値どおり、ブログなどで230万稼いで、

他にパートでもすれば、私だけで350万円は簡単です。

 

そこに夫が好きなことで追加で200万円稼いでくれれば、550万円達成です♪

 

収入もそうですが、収入源の多様化によって、より不安定に強い家庭になります。

 

なぜ最初は賃貸にした方が良いのか?

②の賃貸に住む!についてです。

 

私達夫婦はどちらも地方育ちですが、それでもやっぱり警戒します。

 

というのも私の実家のとなりの地区ですが、やたらと行事、飲み会が多く、

ほぼ強制的に参加しなければいけません。

 

地域によっては、ご近所さん(10名ほど)を順番に自宅に招きいれて、食事を振る舞うなどの風習もあるようです。

 

そんな不毛で生産性のないこと日常的にしなければいけないなんて、

正直、疲れます。

 

ただ、こういった情報って、知り合いでもいない限り、

事前に情報を仕入れるなんて、なかなか厳しいですよね。

 

なので知り合いが全くいないところに移住する場合、 一番いいのはまずは賃貸で住んでみる!

 

当たり前で言うまでも無いことなのかもしれませんが、

地方で中古物件を都心と比べるとハチャメチャに安いので、

衝動的に買いたくなってしまいます。

 

そこはグッとこらえて、まずは賃貸で住んでみる。

 (自分の戒めも込めて)

 

もしかしたら、その選択が終の棲家になるのかもしれません?

そう考えたら、事前の情報収集ってものすごく重要だと思います。

 

把握すべきポイント

①人(近所づきあい)

②生活習慣

③仕事

④周辺の利便性

⑤健康保険料

⑥ガス代(プロパンなので高いです) etc

 

 あげだしたらキリが無いですが、それくらい事前に把握すべき、

情報って無数にあって、ネットだけでは調べきれないと思います。

 

特に①については住まないと絶対に分かりません。

 

人の距離感は都会よりも近いですから、

プライバシーの侵害だ!って叫びたくなるくらい、詮索もしてきます。

 

極端な例かもしれませんが、

人んちの庭なんて、ズカズカと進入してきて、勝手に工具を借りて、

いつの間にか返却されてます。

(ちゃんと返してはくれますが.....)

 

地方出身の私たち夫婦のあるあるだったので、信憑性は高いです。

これだけでもストレスを感じる人はいるんじゃないでしょうか?

 

そういった事態に備えて、免疫をつける という意味でも、

まずは賃貸に住んで、地方に住むための経験値を積む。

 

そのために発生する賃貸代、引越代は初期投資と考えたほうが絶対にいいです。

 

地方の中古一戸建てといっても、1,000万円以上はします。

情報不十分のまま住んで、

【地方暮らしは私には合わない!!

 もう都会に帰りたい!!】

なんてことになったら、莫大な損失が発生します。

金額だけでなく、そのときには精神的ダメージもかなり負っている状態だと思います。

 

投資の格言にもありますが、

【まずは小さく始める】これが鉄則です。