ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

ズボラ長期投資家のゆずです♪株式投資、クレカなど、お金まつわるお得な情報を発信します!

MENU

老後に必要な資金 3000万円なんていらないっ!

こんにちは、長期投資家のゆず( @olivetrhm)です。

今回はよく話題になる老後に必要な資金について、

自分の意見を述べていきたいと思います。

f:id:spicarisa:20180903222641p:plain

 

老後に必要な資金は?

よく新聞、雑誌なんかで3,000万円必要だとか、言われてますよね。

その根拠としては下記の通り。

 

夫婦二人暮らしの平均的な退職後の支出額:25万円

厚生年金世帯の年金受給額:20万円

差し引き:△5万円/一月当たり

     △60万円/一年間当たり

そして、60歳に退職して、100歳まで生きたとしたら、

40年間 X 60万円 = 2,400万円

旅行行ったり、医療費など思いがけない出費がありますから、

予備に600万円準備して、合計3,000万円ってところでしょうね。

 

本当に3,000万円貯めるとしたら?相当キツイ!

老後に備えて、3,000万円って結構大きな金額ですよね?

今回、生涯年収から考えてみていこうと思います。

 

私の主人が勤めている企業の平均年収は500万円と言われてます。

ということは、22歳から60歳まで勤めたと仮定した場合、生涯年収は下記の通りです。

38年間 X  500万円 = 1億9,000万円

これが年収なので、手取りはざっくり2割引かれた1億5,200万円が生涯受け取れる手取りです。

これに退職金 1,000万円が加算されるので、

1億6,200万円となります。

 

 一見すると多いのかと思いますが、

この金額から下記の通り、とても大きな出費が待ち構えております。

  • 住宅費用:4,500万円

※3,000万円のマンションを2.0%の金利で35年間支払った場合。

  • マンション管理費、固定資産税:1,400万円

※管理費2万円、固定資産税1万円を月々支払い、38年間の小計

  • 住宅購入時の諸費用:400万円
  • 教育費二人分:2,700万円

※大学から私立に行かせた場合

ざっくりと今後想定される出費が大きいものを羅列しました。

その合計はなんと9,000万円 ..

それに老後のためにといって、3,000万円を貯金となると1億2,000万円!!!

夫の収入がほとんどなくなっていく....

もう残り4,200万円しかないじゃないですか.......

この4,200万円で38年間分の生活費をまかなおうとすると、

4,200万 ÷ 38年間 ÷ 12ヶ月 = 9.2万円(一月あたり)

 

たったのコレだけの金額で4人家族分の食費、交際費、光熱費、等々支払うとなると、

当然、私もパートで生活費を稼がなくちゃ生きていけません。

今の時代、夫の収入だけに頼るなんてリスクが大きすぎますよね。

 

いかに住宅費が家計を圧迫するのがご理解頂けると思います。

そして、それに追い討ちをかけるように老後資金3,000万円貯めろなんて、

老後のために、これからお婆ちゃんになるまで常に節約して生きていくなんて、

なんのために生きているのか、生きる意味を失ってしまいます。

支出を抑えるのではなく、収入を増やす必要がある。

節約をどんなに頑張っても、数千円~数万円程度しか変わらないです。

だからこそ、私は下記三か条を心に誓いました。

  1. 収入を多様化(給与所得以外にも稼ぐ)
  2. 70歳、80歳になっても稼ぐ技術を身につける
  3. 日本円だけで資産価値を判断しない

1は色々なところから稼げるよう、経験を積んでいる最中です。

株式投資スマホ乗り換え、ブログ等々。

そして、今主人と一緒に二年後に計画しているのが、簡易宿泊所兼キャンプ場の開業です。

 

2については、1で述べた事業を体が元気な限り続けるということ。

サラリーマンとして、65歳以降もずっと働くとなるとゾッとしますよね。

精神的にもしんどいと思います。

でも自分が本当に好きなことならば、ずっと続けられると思います。

 

3については、日本人は日本円が大好きですから、私も含めて、どうしても、価値判断するものさしが日本円で考えてしまいます。

たとえば、株式投資をすると、その株価が日本円で今いくらなのか考え、

その増減に一喜一憂してしまい、価値が下げることによって、不毛なストレスを抱えてしまいます。

今後、大きな金額の投資をする際、日本円という価値基準しかないと、

誤った投資判断をしてしまうと思い、自戒の意味をこめて、記載しました。

まとめ

長くなりましたが、簡単に言うと、会社の属さなくても自分で稼げる方法を身につける。

その方法は自分が好きなこと、且つ、年をとっても続けられることをする。

そして、余ったお金はどんどん投資に回す。

 

という成功体験を積み重ね、個人で稼げるようになれば、

生涯貯金をするという呪縛から解放されます。

それが『今』を楽しむことに繋がると強く感じてます。

 

☆合わせて読みたい☆

子育て方針、今後、予想される支出について②家計簿 - ズボラ主婦の株式投資ブログ(長期)

www.olivetrhm.com