ズボラ夫婦の節約×投資ブログ(PayPay,ヤフーショッピング,クレカ20パーセント還元キャンペーンなどお得な情報を発信)

PayPay(ペイペイ)、Yahooショッピングなど どのように還元率を高めて買い物できるか、お得な情報を発信!

MENU

分散投資は負けない投資手法

f:id:spicarisa:20190227212313p:plain

奇貨居くべしというブログを読んで

不思議なブログタイトルですが、『奇貨居くべし』というブログを読んで、

目からうろこの記事がありましたので、ご紹介したいと思います。

大数の法則について

大数の法則はご存知でしょうか?

これは「試行を繰り返すことで、結果は期待値に近づく」という確率が持つ性質のことです。

噛み砕いて説明すると、投資先を一つにせず、投資先を増やせば増やすほど、

投資がお金より多くもらえる確率が増す、というもの。

 

詳細については、下記リンクからご確認ください。

期待値を常に意識する

 

購入予定銘柄でシミュレーションしてみました!

この記事を読んだとき、衝撃を受けました。

なんとなく、投資先を分散することにより、勝つというより、負けない投資ができるというのは理解をしているつもりですが、

確率という数字を算出したことが無かったです。

いても経ってもいられなくなり、

子供が寝静まった後に、早速、シミュレーションしてみました。

 

私は日本アジアグループ、Jトラスト、フロイント産業を中心に投資していく予定なので、下記の通り、3社で設定しました。

f:id:spicarisa:20180819010516p:plain

※念のため、お伝えしますが、枚数、買値については目標値として設定しているだけなので、まだここまで買い集められておりません。

分散投資シミュレーション条件

上記表の通り、5パターンでそれぞれの評価額を表しております。

またそれぞれの確率について、下記の通り、均一に設定しております。

倒産:20%
株価が2分の1:20%
株価が1倍(買値と同額):20%
株価が2倍:20%
株価が3倍:20%

割安成長株においては、継続的に毎期純益を15%,20%程度、積み上げできれば、

PER15~20倍に格上げになりますので、3倍以上(5倍も現実的)になることはなんら不思議ではなく、往々に起きております。

 

分散投資 シミュレーション結果

f:id:spicarisa:20180819012127p:plain

シミュレーションしたことにより、

損をしない確率がどのくらいなのか、はじき出すことができました。

 

その確率は68.8%です。

(上の図では一倍以上と表現しています)

 

しかも、株価が半分になる確率などを無造作に20%と設定しましたが、

各企業が公表する、KPIの点検を継続することによって、その企業が成長していけるのかどうか、ある程度の見極めはできると思います。

 

例えば、Jトラストの場合、貸出残高、貸出金利、不良債権率等の推移を決算の度に、

点検といった作業を継続することにより、68.8%よりも更に確率を上げることはできます。

 

今後も引き続き、買い増しを続け、長期で保有することによって、

どのような結果となるのか、実験していきたいと思います。